活動状況

2015年03月02日

150301 宇野先生をお招きしての講演会と症例検討会

150301宇野先生

150301 宇野先生をお招きしての講演会と症例検討会

参加頂いたSTの皆様ありがとうございました。

 

毎年恒例?の宇野先生の講演会でした。

昨年は発達性Dyslexiaの基本的なお話しをしていただきましたが、今年はSTの武器である「文字言語」の処理や特性についてのお話しでした。

SLTAでの漢字と仮名の表記妥当性のお話し、漢字熟語と仮名単語、非語の処理についての話し、文字列辞書の想定の話し、などなど。

加えて、まだ投稿前の最新のお話しも数多くしていただきました。

日ごろの訓練で、どの様な語を用いて、いかに表出を助けるかということのアイディアをたくさんいただきました。

患者さんはより楽に語の処理ができるようになり、訓練する側も語のチョイスが楽しくなる、そんな話題であったと思います。

また、午後からの症例検討会も宇野先生をアドバイザーとして、失語、発達性Dyslexia、発達障害と、成人・小児を問わず活発な検討ができました。

 

宇野先生、症例提示して下さった先生方、参加された方々、本当にありがとうございました。

今後も成人・小児問わず、活発な検討会を企画・運営していきたいです。

学術担当:大門

ページトップへ