活動状況

2014年07月18日

最近の活動

写真

写真 image (2) image (1) image

 

活動状況の更新が滞っておりました・・・。

★14年度のST全国学会に参加・発表して参りました。

柴田先生によって語られた日本のSTの歴史は、心が震える内容で、今後もST全体として一丸となって色々な面で協力しあっていかなければいけないと感じました。歴史の上にいま自分たちの行っているSTが存在するのだと感じました。また、平田オリザ先生の「わかりあえないことから」も拝聴させていただきましたが、人間のコミュニケーションについて、医療者としてのコミュニケーションについて改めて考えさせられるご講演でした。

書籍コーナーでは昼間からワインの試飲コーナーがあったり、オリジナルのお土産があったりと、関東を感じさせる学会でした。

★14全道の学術集会

全道のたくさんの方にお集まり頂きました。失語、聴覚、嚥下、災害支援と幅広い分野からの発表が多く、質疑も活発に行われたのではないかと感じています。

少し、質問をしすぎた先生(私)もおられましたが・・・。

今後も、症例検討会など企画して参りますので、特に若い先生にはこういった場をどんどん活用して頂きたいです。

皆で勉強して、北海道のSTが同じ視点で臨床を提供できるを目標としております。

学術担当:大門

ページトップへ