活動状況

2014年12月08日

リハビリ効果の検証と気管切開

141207中山先生3

141207中山先生2141207中山先生312月07日

リハビリテーションプログラムの効果と検証(専門講座) 講師:前島伸一郎先生

日常臨床に役立つ!気管切開とSTの関わり(講演会) 講師:中山剛志先生

天候は朝から大荒れの一日でしたが、多くのSTの方々にお集まり頂きました!!

 

専門講座の前島先生のお話は、普段あまり先輩方がはっきりと言ってくれない事をリハ医の視点からお話しして下さったのかなと思います。

また、これから私たちの臨床に求められる立ち位置をお示し下さったのではないでしょうか。

臨床と研究は表裏一体であると改めて再認識させられるお話しでした。

 

中山先生のお話は、私は学生の時の授業以来でしたが、もの凄くバージョンアップされており、先生のこの分野にかける熱意を感じるご講演でした。

普段、関わることの少なくない、気管切開の患者さんですが、体系的な診方をお示し下さったと思います。

質疑も活発に行われ、これから定量化していくべき点も明確になってきていると感じました。

 

どちらも毎日の臨床に直結するご講演でした!!

少しずつでも、北海道のST全体が同じ方向、視点をもって患者さんに携わることができればと思います。

 

追伸

日々の臨床の確認の場として、もっともっと症例検討会が活発になる事を願って。

学術担当:大門

ページトップへ