研修・講演

2018年05月22日

 ST向け 発達協会主催 「実践セミナー」

その他勉強会

詳細は下記よりご覧ください。

ST向け 実践セミナー 

ページトップへ

2018年05月15日

研修・講演 第2回旭川がんのリハビリテーション

その他勉強会

詳細は下記よりご覧ください。

 

旭川がんのリハビリテーション

ページトップへ

2018年05月15日

研修・講演 これからの摂食嚥下リハビリテーション

HST主催

詳細は下記よりご覧ください。

 

道士会:H30年度日胆支部研修会案内

ページトップへ

2018年05月04日

 「第39回 高次脳機能障害作業療法研究会」のご案内

日時:平成30年5月27日(日)10:00~15:00

場所:札幌医科大学 教育研究棟Ⅰ 2階 C201講義室(札幌市中央区南1条西17丁目)

参加費:高次脳機能障害作業療法研究会会員 1,500円、非会員 2,000円

定員:100名

申込方法、詳細については下記URLよりご確認をください

 https://www.koujinoukinou-ot.com/blank-2

 

本研究会は全国規模の研修会であり,はじめて北海道で開催されます.

今回は,世話人代表である九州栄養福祉大学の渕雅子先生,

神戸大学の種村留美先生,広島大学名誉教授の清水一先生,

横浜市立脳卒中・神経脊髄センターの早川裕子先生も参加される予定となっております.

リハビリの視点から高次脳機能障害の研究・臨床に取り組まれている先生方が来られます.

また,札幌医科大学の太田久晶先生が症例を呈示して,ディスカッションを行う予定となっております.

普段,北海道では見ることができない研究会になるものと思います.

ご興味のある方は,下記アドレスから申込をお願い致します.

https://www.koujinoukinou-ot.com/blank-2

ページトップへ

2018年04月20日

 介護報酬改定対策セミナー

その他勉強会

詳細は下記よりご覧ください

 

介護報酬改定対策セミナー(札幌)案内

ページトップへ

2018年04月17日

 失語症講習会in北海道

SnapCrab_NoName_2018-5-3_8-50-12_No-00

詳細は、PDFをご参照下さい。

失語症講習会in北海道

 

失語症講習会in北海道
『よくわかる失語症講習会―基礎編・応用編―』
忙しい臨床現場の言語聴覚士が、基礎に戻って失語症を学び、理解を深めるための講習会です。
2日間とも、音声・動画データの聞き取り、書き取り、分析を中心に、演習を行います。
質問の時間を十分にとり、疑問をその場で解決することを目指します。
書籍「動画と音声で学ぶ、失語症の評価とアプローチ」に基づいた講習会です。

基礎編:平成30年8月18日(土)10:00~16:30応用編:平成30年8月19日(日)10:00~16:30

応用編:平成30年8月19日(日)10:00~16:30
講師:森田秋子(鵜飼リハビリテーション病院)
春原則子(目白大学)
場所:札幌市教育文化会館
(北海道札幌市北1条西13丁目)

定員:60~70名
参加費:1日のみ参加6000円、2日とも参加10000円
テキスト込み14200円
「動画と音声で学ぶ、失語症の評価とアプローチ」
三輪書店、定価4,800円(税込み5,184円)
*2日とも参加する方を優先とします
主な内容
基礎編:流暢性の評価、呼称・復唱の評価、読み書きの評価
タイプ分類、各タイプの事例から学ぶ
応用編:会話、呼称、文、音韻へのアプローチ
事例から学ぶアプローチ方法

 

以下のアドレスに「失語症講習会in北海道参加希望」とメールしてください。
①氏名、②所属施設、③職種、④経験年数、⑤参加希望日、⑥テキスト購入希望の有無、
⑦連絡先メールアドレス、を明記してください。
連絡先は、必ず連絡できるアドレスとしてください。
(連絡がとれない場合、参加していただけないことがあります)
申し込みをいただいた後、こちらから連絡いたします。
申し込みアドレスshitugoenshuu@gmail.com
主催:失語症演習研究会(代表:森田秋子、連絡先:shitugoenshuu@gmail.com)

ページトップへ

2018年04月17日

 日本離床研究会 教育講座 学術大会

その他勉強会

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

リハビリ・看護に必須となる薬剤の基礎知識

日時:2018年5月20日(日)10:00~16:10

会場:北農健保会館(札幌市中央区北4条西7−1−4 JR札幌駅より徒歩5分)

定員:100名

講師:原田 真二 先生(大和成和病院)

受講費:12,800円(税込)
内容:新しい薬を含めて基礎的な知識を学ぶだけでなく「離床時にこんな副作用が!?」と驚く内容まで幅広く学びます。

1.まずおさえたい薬剤の基礎知識

2.疾患・症状別に理解する薬剤の種類と効能

3.投薬の変更・増減量から予測する主治医の意図と離床方法の考え方

4.薬剤に関する臨床相談室

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

 

 

●日本離床学会主催 第8回 全国研修会・学術大会

日時:2018年6月16日(土)9:30~16:30

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)

大会長:中木 哲也(金沢医科大学病院)

受講費:9,800円(税込)

内容:新年度の診療報酬に「早期離床加算」の新設が発表され、早期離床の重要性は増すばかりです。しかし、やみくもな離床は患者さんの急変を招いてしまうことも…本大会では全国が離床に取り組む流れの今こそ、安全かつ確実に離床するための対策について徹底的にディスカッション。離床についておおくを学ぶことができる欲張りな1日を約束します。

<特別講演1>
〇「早期離床に必要な人工呼吸管理の基礎知識」 小谷 透
<特別講演2>
〇「嚥下の常識を打ち破れ!寝たまま嚥下の安全性」 福村 直毅
<教育講演>
〇診療報酬「早期離床加算」算定開始 いまこそ取り組もう!早期離床
~2018最新エビデンスに基づいた臨床の動き方~
日本離床研究会 曷川 元
〇教科書に載っていない! 離床出来ない状態を血液データから考える
済生会八幡総合病院 丹生 竜太郎
〇AVERT3から3年 脳卒中患者の早期離床は危険か?
熊谷総合病院 高野 利彦
〇その痛み危険ですよ!がん患者における骨転移のリスクと離床可否の判断
国立病院機構名古屋医療センター 櫻木 聡
<第7回全国学会 MVP講演>
〇離床時に必須!意外な心電図の落とし穴
大和成和病院 原田 真二
<講座ダイジェスト>
〇苦手を克服!酸素療法・人工呼吸器の呼吸アセスメントより~酸素療法と加湿~
石巻赤十字病院 谷 崇史
〇整形外科術後急性期に起こりうる DVT対策とADL アップのコツ
福岡新水巻病院 音地 亮
<ディベート>
〇こんな場合は離床できない!? エビデンスVS臨床の勘
広島大学病院 對東 俊介 兵庫医科大学病院 足立 拓也
<学会推奨セミナー>
これから取り組む施設は必見! ICUにおける早期離床の進め方
国立病院機構東京病院 見波 亮
<トピックス>
〇「2018年離床アワードノミネート!各施設・多職種での離床の工夫を一挙公開」
〇「パパママは職場復帰が不安!相談しづらい不安から対策を学んで安心復帰」
さいたま赤十字病院 河合 麻美
〇「チームが自発的に働きだす、コーチング型コミュニケーション!」
久野塾 理事・アドバイザー 吉田 彰
〇あなたは本当に“家族の声”を聴けているか 医療者が家族側になった時なにを思うのか~体験談から
金沢医科大学病院 中木 哲也
<市民公開講座>
〇驚きの初耳学!寝たきりを予防する「離床」とは!?
熊谷総合病院 横山 浩康
【実践的な技術習得!実技セミナー】(事前予約制:各回36名)
1.離床から活動につなげるためのシーティング法
2.離床時のドレーン・ライン類の整理法
3.離床で使える!一歩踏み込んだROMex.
4.本当に使える呼吸フィジカルアセスメント
【一歩踏み込んだ教育セミナー】(事前予約制:各回36名)
1.脳卒中患者の職種によるゴール設定の相違と本音
2.血液データ判読講座 ~低栄養と離床~
3.臨床画像判読講座(心エコー)
4.在宅医療に必須!離床の重要性と目からウロコのケア技術
5.NPPVの基礎知識

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: http://www.rishou.org/zenken/

問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

 

 

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

脳卒中の看護ケア・リハビリテーションに必要な高次脳機能障害の基礎知識
日時:2018年6月24日(日)10:00~16:10

会場:北農健保会館(札幌市中央区北4条西7−1−4 JR札幌駅より徒歩5分)

講師:黒田 智也 先生(日本離床研究会 学術研究部)

受講費: 9,800円(税込)

内容:脳画像をヒントに高次脳機能障害の症状と病態をシンプルに理解する講座

症状理解とアセスメントに終始せず、得られた情報から臨床アプローチ・ゴール設定に活かす方法を学びます。

1.脳画像からみた高次脳機能障害のメカニズム

2.グループ別に理解する 高次脳機能障害の症状と病態

3.高次脳機能障害における障害別アプローチの実際

4.症例から学ぶ高次脳機能障害患者への具体的アプローチ

申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
一般社団法人 日本離床研究会事務局
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-2-12 プラーレルビル2階
TEL: 03-3556-5585 (月-金10:00-17:00)
FAX: 03-6272-9683
Email Address: jsea@rishou.org
ホームページhttp://www.rishou.org/

ページトップへ

2018年04月16日

研修・講演 HST総会 基礎講座 特別講演付(第2報 5月1日更新)

HST主催

日時2018年5月20日(日曜日)

【基礎講座】参加費 会員:1講座1000円、非会員:1講座5000円(当日,北海道言語聴覚士会にご入会頂ける方は会員価格となります.).

9:30

受付開始

10:0011:00

臨床のマネージメントと職業倫理

11:0012:00

臨床業務のあり方、進め方

 

【HST総会】参加費:無料

12:50

 

【特別講演】参加費 会員:無料,非会員:5,000円(当日,北海道言語聴覚士会にご入会頂ける方は会員価格となります.).

13:20〜

受付開始

13:3015:00

特別講演(タイトル):STに必要な発話の知識と研究論

講師:榊原健一先生(北海道医療大学)

 

申し込み:当HPからお願いします

 

会場:北海道医療大学サテライトキャンパス(北4条西5丁目アスティ―45  12階)

 

多数の参加をお待ちしています。

 

当日は,年会費(5,000円)の受付や,

今年からSTになられた方々も含め,新入会の受付も行います .

 

ページトップへ

2018年04月09日

 5/23-27 日本神経学会学術大会

SnapCrab_NoName_2018-4-9_20-34-5_No-00

★☆イベント情報★☆
日本神経学会学術大会@北海道

メディカルスタッフ向けの企画が多いそうです。
奮ってご参加下さい!!

詳細はHPをご確認下さい。

https://www.neurology-jp.org/neuro2018/

ページトップへ

2018年04月04日

 第3回ADL評価講習会(旭川)

ページトップへ