HST

聴くこと・話すこと・食べること 北海お堂言語聴覚士会

道士会について活動状況研修・講演会情報求人情報入会案内

Dorat

詳細はPDFをご確認下さい。

熊本派遣について0422-4

 

~熊本地震における災害派遣に関する登録について~

平成28年4月14日より発災している熊本地震においては、被害が甚大化しており、避難所での生活者も非常に多くなっており、車中生活などの生活不活発からエコノミークラス症候群や生活関連死が増大し、リハ専門職の関与が期待されています。日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会では、それぞれに対策本部を立ち上げ、大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(JRATと歩調を合わせて活動をすることとなりました。現在、JRATとしては、現地と連絡を取りながら活動へ向けての準備を進めているとのことです。熊本JRAT の多くのメンバーは自身の病院対応に追われながらも、近隣の地域JRAT の支援を受け、 現地災害対策本部運営および災害派遣を開始しています。

昨年末よりJRAT は 日本医師会災害医療チーム(JMAT)の傘下で、ともに活動することとなっており、今回の災害においてもJMATの傘の下で現地での支援をすることとなりました。

今後は他都道府県からの応援も必要になることが想定されることから、北海道理学療法士会・北海道作業療法士会・北海道言語聴覚士会においても、北海道災害リハビリテーション推進協議会(Do-RATと協同のもと支援活動を行うこととなりました。

以上の状況を踏まえ、現段階で現地での災害派遣に関して登録可能な方にご回答いただきたく、宜しくお願い申し上げます。

発災からの時期によって変動しますが、 移動を含め、6日間程度の期間を想定しております。

なお、JMATと協働して活動することにおいては、日本医師会の保険が適用され、派遣に要する費用弁済が行われる予定です。

 

下記の表内に記入の上、極力メールにて返信いただきますようお願い致します。

1 提出期限428    2 提出期限512

職種 氏名/ふりがな 年齢/性別 携帯電話 Email 専門分野 派遣可能期間

所属施設 所属郵便番号 所属住所 所属電話/ファックス 公文書送付宛先

返信先・問い合わせ先 北海道作業療法士会 災害対策委員長 吉岡英章

 携帯電話(080-6086-7912) 携帯受付時間 9:00~18:00

Email:haotysok@gmail.com

医療法人社団憲仁会 牧田病院 FAX: 011-761-0917

ページトップへ

その他勉強会

詳細は ↓ ご覧ください

効果を出すリハビリ

ページトップへ

2016年04月19日

 日本ケアレク研修大会2016

その他勉強会

 

詳細は ↓ からご覧ください。

日本ケアレク大会

ページトップへ

 

言葉の発達についても実践セミナーのご案内です。詳細は下記をクリックください。

ST広報用 2016年度実践セミナー

ページトップへ

2016年04月14日

 絆28号です。

ページトップへ

4月11日より言語聴覚士の登 場するドラマ「ラヴソング」((フジテレビ 月曜日21時 主演 福山雅治)が始まります。

番組のストーリなどの広報には制限がありますので、詳細は番組専用サイトをご参照下さい。

ページトップへ

その他勉強会

各種会の名称

北海道STハンドリング勉強会

主催

北海道STハンドリング勉強会 

(会の趣旨:平成19年12月より当勉強会を始めました。既存の方法に捕らわれることなく、広い視野を持って、継続して学んでいこうとする方への参加を呼びかけます。当会ではST領域の運動障害に対し、実技練習を中心に行い、広い意味での専門性の向上を目指します)  

会場および所在地

平和リハビリテーション病院 (札幌市西区平和306番地1) 2階リハ室

日時

2016年4月29日(金・祝) 9:30~12:30 

内容

◆ケーススタディ(患者様にご協力をいただき、評価・治療を行います)                                                     

参加費

無料 

対象

趣旨に賛同するST

申し込み・その他

◆詳細は、伝言板にてご確認下さい(http://9223.teacup.com/hokkaidosthandling/bbs)


◆持ち物:動きやすい服装(更衣室を用意しております)、上靴、昼食は必要なし

◆参加に際しては必ず下記e-mailにご連絡下さい
(会場の準備•資料のコピーの関係、急な予定変更が発生した場合のため)


◆申し込み・問い合わせ  世話人 八雲総合病院 畠山尚文
  hokkaidosthandling (at) yahoo.co.jp (アットマークを直して下さい)

ページトップへ

2016年04月05日

 絆27号 届きました。

ページトップへ

160521

受付は当HPより、研修会番号を明記下さい。

午前・午後ともに参加無料です。

 

午前研修会10 午後報告会20

申込締め切り:5月18日まで。

 

懇親会30

申込締め切り:5月14日まで。

 

国で推進されている地域包括ケアシステムにリハビリ専門職が組み 込まれていく潮流の中、

STがより地域で活躍する場面が増えてくると予想され、北海道言語聴覚士会も一般法人化をして、来るべく時代に備えております。

そこで、28年度の学術集会のテーマを地域とST領域に関するワークショップと題しまして企画をすすめている段階です。

平素の勉強会では、ある特定領域のSTが集まることは多いかと思いますが、1つのテーマに別領域のSTの話しを聞ける機会は少ないと思います。

STに求められることが多くなる中、領域をまたいで知識が共有できる機会となることを願って。

 

▼日付:5月21日(土)

▼場所:教育文化会館 講堂

9:00開場

9:30~小橋会長挨拶

 

研修会番号10 『地域支援と訪問、聴覚、回復期』~地域とST領域に関するワークショップ~

コーディネーター:小橋会長

 

9:35~10:25 ①地域と訪問リハ:秀友会病院 大澤真理先生

話題:訪問言語聴覚療法って何をするの?

・訪問STと病院STの相違点。

・訓練室以外での過ごし方も気をつけてみることが、生活をみることにつながる。

・介護職員や看護師さんとの関わり方

 

10:25~11:25(60分) ②地域と聴覚 : 岩崎電子株式会社より

・補聴器の型別特徴(箱型 耳かけ型 耳穴型)

・一般的な使用方法(操作 ハウリング対策 点検)

・注意事項

 

11:25~12:15 ③地域と回復期 : 網走脳外 大澤朋史先生

・回復期から通所(介護保険)などの地域資源へ繋ぐにあたり、病院と施設での価値観の違い。

・独居患者を地域(在宅)へ戻すポイント。

 

13:15~ HST総会

 

研修番号20 学術報告会

14:00~17:00 1演題 発表7分質疑7分=14分

 

『失語症とパントマイム失行の1症例~動作絵の呼称と理解、ジャスチャーの評価より次演題へ~』

○大門正太郎 所属:日本福祉リハビリテーション学院、北海道脳神経外科記念病院

『線画のpointing課題は純粋に「単語の理解」を評価していると言えるのか?―道具の線画はpointingできないが、道具使用のジェスチャーは可能な1症例―』

○高倉祐樹 所属:札幌秀友会病院リハビリテーション科、北海道大学大学院保健科学院

『反応様式によりYes/No反応の成績に差異を認めたBroca失語の一例』

○業天那奈香 所属:札幌秀友会病院

『特異的なアクセント症状を呈する中等度ブローカ失語の一症例~なぜ疑問文に聞こえるのか~』

○福田亜里沙 所属:札幌宮の沢脳神経外科病院

『収束的な思考条件を設定することにより喚語成績の向上が見られた補足運動野失語の一例』

○武市亜理沙 所属:札幌秀友会病院

『書字運動記憶の想起障害を呈した失語症の1例-書字運動入力による書字訓練効果の検討-』

○若松千裕 所属:札幌医科大学附属病院

 

15:25~10分休憩

 

『舌癌患者へのSTの介入』

○三浦純 所属:手稲渓仁会病院

『脳卒中発症後の藤島グレードから嚥下予後予測を行う試み』

○柴田豪人 所属:網走脳神経外科・リハビリテーション病院

『訪問リハ導入後に経口摂取に移行が可能となった一例-多職種で「口から食べること」を支援して-』

○千葉瑛斗 所属:定山渓病院

『就労を目的に外来言語療法を希望した成人吃音の一例』

○浅井諒子 所属:高橋病院

『道南地域における地域支援の実践報告』

○小林文代 所属:地域支援ユニバーサルコミュニケーション

 

懇親会30

18:00~ 懇親会

別会場にて:調整中

ページトップへ

SnapCrab_NoName_2016-6-7_12-41-4_No-00

受付:当HPより 研修会番号80

※生涯学習ポイントは8月の会より予定

 

【HST会員の皆様】

28年度の学術関連のテーマとして、

『顔のみえるHST~症例検討会・交流会の充実化~』

を掲げております。

 

そこで、毎月の症例検討会を充実させていきたいと考えております。

第1回目を 6月16日(木) に開催いたします。

時間:19:00~21:00

場所:北海道医療大学サテライトキャンパス

(札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12F)

TEL:011-223-0205

 

日々の臨床で悩んでいる症例や訓練方法のアイディアの共有、学会準備などなど

敷居なく、皆様と意見を交換できる場となれば幸いです。

 

※※症例報告希望については※※

gakujyutu@st-hokkaido.jp までご連絡下さい。

 

スケジュール

第二回:7月6日(水)

第三回:8月11日(木)

第四回:9月8日(木)

ページトップへ