HST

聴くこと・話すこと・食べること 北海お堂言語聴覚士会

道士会について活動状況研修・講演会情報求人情報入会案内

詳細は下記よりご覧ください。

ALSのコミュ機器導入支援リーフ紹介

ページトップへ

表題に対する署名のお礼が届いています。

詳細は下記よりご覧ください。

署名のお礼

ページトップへ

 

厚生労働省より避難行動要支援者のリーフレット周知依頼が来ています。

災害時に自ら避難することが困難な避難行動要支援者へ の支援制度(※2)の概要を理解していただくことで、市町村が作成する避難行動 要支援者名簿を平時から支援者に提供することについての同意を促す内容とな っております。 居宅において生活しながら医療・介護・障害福祉サービス等を受けられる方 や里帰り中の妊産婦など、避難時に特に配慮が必要と考えられる方に対して、 各医療機関や介護事業者、障害福祉サービス事業者等から本リーフレットを活 用した情報提供がなされるよう、今般、別添2のとおり、各都道府県衛生主管 部(局)等に対しても周知を行いました

下記より、リーフレットをご確認ください。

リーフレット

ページトップへ

2017年08月29日

 絆 42号届きました。

詳細は下記よりご覧ください。

絆 第42号

ページトップへ

その他勉強会

必見です。

講演「呼吸と嚥下に対する関わり」

演者:八雲総合病院 言語聴覚士 畠山尚文 先生

詳細は下記よりご覧ください。

スピセラ第12回講演会案内

ページトップへ

2017年08月24日

 H29 下半期スケジュール

SnapCrab_NoName_2017-8-24_11-46-25_No-00

~~29度開催内容について~~

※※新企画※※

『目指せ学会報告!!』 詳細はPDF資料をご参照下さい。

17目指せ学会報告

 

~予定について~

08月27日(日):研修会②[研究法を知る]+症例検討 場所:札幌医科大学 時間:9:00~
09月12日(火):マンスリー症例検討会 場所:ACU 時間19:00~
10月10日(火):マンスリー症例検討会 場所:ACU 時間19:00~
12月10日(日):研修会③[VF/VEの診かた]+症例検討 場所:ACU 時間:9:30~
12月12日(火):マンスリー症例検討会 場所:ACU 時間19:00~
01月16日(火):マンスリー症例検討会 場所・時間:未定
02月25日(日):専門講座 場所:ACU 時間13:00~ 医療大学 中川先生
03月4日(日):研修会④[失構音を考える]+症例検討 場所:ACU 時間:未定~宇野彰先生をお招きして

 

ホームページは、適宜更新されておりますので、会が近くなりましたらご確認の程、よろしくお願い致します。
また、FaceBook、Twitterでも情報配信しておりますので、ご活用下さい。

ページトップへ

2017年08月22日

 絆 届きました

詳細は下記よりご覧ください。

絆第42号

ページトップへ

2017年08月22日

 第3回実務者講習会

その他勉強会

日時:2017923日(土祝)13:10(受付開始12:45)〜 24()1640 

場所:日本福祉教育専門学校 ※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-16-3

最寄り駅:JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」下車徒歩1

参加費:会員12,000円/非会員15,000

定員:80

内容:

・在宅系リハビリテーションの現状と制度

・在宅における認知・コミュニケーションの評価・アプローチ

・在宅における摂食嚥下・栄養の評価・アプローチ

・在宅言語聴覚療法におけるリスクマネジメント

・終末期のリハビリテーションと言語聴覚士

・在宅におけるICTの活用

・グループワーク「模擬リハ会議」

 

申し込み方法:協会HPの実務者講習会ページより申込を行ってください。

<申込期間>7月26日(水)13:00~8月29日(火)13:00 ※募集期間を延長いたします。

ページトップへ

その他勉強会

詳細は下記よりご覧ください。

 

ボバース研究会 北海道ブロック2017

ページトップへ

その他勉強会

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

脳卒中患者の疑問がスッキリ晴れる!

とっておきの検査・データ「マル秘」判読講座

日時:2017年10月29日(日)10:00〜16:10

会場:北海道自治労会館(JR札幌駅より徒歩5分)

講師:久松 正樹先生(中村記念病院)他

受講費:12,800円 (税込)

内容:本講座では星の数ほどある検査項目や薬剤の中から、臨床でスグ使える項目に厳選し、ベテランに読み解きのコツを学びます。

1.脳画像(CT・MRI・MRA)

・たった5つの画像で分かる脳画像のキホン

・書いて理解する脳の機能解剖と血管走行

・障害部位から判断する麻痺の位置と程度予測

2.血液データ

・脳卒中患者における血液データのみかた

・凝固系パラメータのチェックの仕方

・医師がやたら血糖値を気にするワケ

3.薬剤

・マンガでイメージする脳卒中治療薬とその効果

・語呂合わせで覚える系統別薬剤名

・使用薬剤からわかる病態把握 ほか

4.症例検討

・セミナーの最後に全てのデータを使って離床可否の判断をレクチャー

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: http://www.rishou.org/

問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

ページトップへ